ふとんのつゆき

Q:最近よく聞くけど羽毛のダウンパワーって何?

Q&Aお悩み解決アドバイス(by睡眠環境・寝具指導士)

Q:最近よく聞くけど羽毛のダウンパワーって何?

A:簡単にいうと「ダウンパワー(dp)」とは、ダウン(羽毛)がどれだけふわふわしていて弾力性を持っているかを数値化したもので、羽毛の品質を表しています。

ダウンパワーの数値が高ければ高いほど、ダウンボールの羽枝が長くしなやかで、ふっくらと弾力性のある良質で高価な羽毛である証拠!

<<ダウンパワーの計測方法>>
JIS(日本工業規格)で定められた試験方法で、気温20度、湿度65%で、内径29cmx高さ60cmの円筒型の容器に、30グラムの羽毛を自然落下させながら入れ、その上から重さ94.3gの円盤をのせます。
そして2分後、底から円盤までの高さを計測して羽毛1gあたりの「体積」を算出します。
例)ダウンパワー400は、「400dp」または「400cm3/g」と表示されます。

また、2012年にダウンパワーが正式に採用されるまで使われていたのが「かさ高値」
ダウンパワーとはまた違った方法で算出される羽毛の膨らみを表す数値で、「かさ高値●●cm」「かさ高●●cm」などといった「cm」単位を用いていました。

かさ高18cm以上 ⇒ 440dp以上
かさ高16.5cm以上 ⇒ 400dp以上
かさ高14.5cm以上 ⇒ 350dp以上
かさ高12cm以上 ⇒ 300dp以上

例えば「300dp」と「440dp」のダウンパワーが違う羽毛30gで、かさ高の差は約6cm!
羽毛ふとんに使用される羽毛の量は、シングルで1kg以上だと考えたら・・・

羽毛ふとんに同じ量を充填しても、ダウンパワーが違えばふくらみ方も違ってきます。
このふくらみの違いは、羽毛ふとんの「保温力」にも差がでてきます。
ダウンボールの羽枝の中は空洞になっていて、ダウンボールが大きくふっくらとしているほど暖まった空気をたっぷりと溜めることができるので「保温力」が高くなります。

 

他にも、「日本羽毛製品協同組合」が発行している羽毛布団に充填されているダウンの品質を示すラベル「ゴールドラベル」があります。
ダウンパワー値によって4つのラベルがあります。
440dp以上/かさ高18cm以上 ⇒ 「プレミアムゴールドラベル」
400dp以上/かさ高16.5cm以上 ⇒ 「ロイヤルゴールドラベル」
350dp以上/かさ高14.5cm以上 ⇒ 「エクセルゴールドラベル」
300dp以上/かさ高12cm以上 ⇒ 「ニューゴールドラベル」

 

羽毛ふとんを選ぶ際の目安のひとつになる「ダウンパワー」
一般的に400dp以上が高品質な羽毛と言われますが、羽毛の種類や充填量、側生地の素材やキルトの仕様などによっても保温性やドレープ性などが変わってきます。
選ぶのに悩んだり分からないことがありましたら、お近くのつゆきスタッフにお気軽にご質問ください。
寝具専門店の知識豊富なスタッフが、羽毛ふとんの違いについて分かりやすくご説明させていただきます。
実際の商品を見比べて、触って、体感していただいてから、ご納得のいく羽毛ふとんをじっくりお選びください。

今年の冬は、ふっくらと軽く暖かい羽毛ふとんで快眠しませんか♪

https://futon-tsuyuki.com/feature/umou2018/

つゆきのサービス一覧

羽毛ふとんリフォーム
和ふとん打ち直し
ふとんのクリーニング
除菌&消臭サービス
オーダーメイド枕 何度でもメンテナンス
古布団の下取り・処分について
寝具のお手入れ方法
店頭受取サービス
体圧分散測定サービス

応募キャンペーンのご案内

LINE友だち拡大キャンペーン_羽毛ふとんが当たる!

応募キャンペーンのご案内

ふとんの日 川柳応募キャンペーン

お楽しみイベントのご案内

手作りキッズ枕 体験教室

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・ご相談はこちらから

新しい洗濯表示

新しい洗濯表示

店舗へのご意見・ご要望

店舗へのご意見・ご要望

採用情報

私たちと一緒に働きませんか?