ふとんのつゆき

Q:羽毛ふとんと毛布を一緒に使う場合はどちらを上にすれば良いの?

Q&Aお悩み解決アドバイス(by睡眠環境・寝具指導士)

Q:羽毛ふとんと毛布を一緒に使う場合はどちらを上にすれば良いの?

 

A:羽毛ふとんの上に毛布(アクリルやポリエステルなど合繊素材)を掛けた方が暖かく良いとされています。

羽毛ふとんは、羽毛に含まれるたくさんの空気が体温によって暖められることで保温性が高くなります。
羽毛ふとんと体の間に毛布があると、体温が羽毛に伝わりにくく保温効果が発揮できなくなってしまいます。
また、羽毛の特徴でもある温度や湿度の調整機能も毛布に妨げられて十分に発揮することができません。
保温性、温度や湿度の調節機能など羽毛ふとんの特徴を生かすためにも、羽毛ふとんは直接肌に触れるようにし、寒い時は毛布を羽毛ふとんの上に掛けるのがオススメです。

ただし、上に掛ける毛布はずれ落ちにくく軽い「ニューマイヤー毛布」などがオススメです。
二枚合わせなどしっかりとした重い毛布を使う場合は、羽毛ふとんの上に掛けてしまうと重みで羽毛が潰れてしまい羽毛本来の保温性が損なわれるため、羽毛ふとんの下に掛ける方が良いでしょう。

上に毛布を掛けると、場合によっては暖かくなりすぎて、蒸れてしまうことがあります。
それは羽毛ふとんの暖まった空気に、毛布でフタをするため暖まり過ぎて温度や湿度が調節できなくなるため。
寝ている時の布団の中「寝床内環境」は、温度は33℃±1℃、湿度は50%±1℃が最適とされていて、これを超えると蒸し暑く、寝苦しく感じてしまいます。
お住まいの地域や住環境など寝室環境(温度・湿度)に合わせて使用する毛布の素材や厚みなど調節してください。

また、ウールやカシミヤ、シルク、綿などの天然素材の毛布は、保温性、吸湿放湿性に優れているため、羽毛ふとんと体の間に掛けても羽毛ふとん本来の機能を損なうことがなく、天然素材の特性も発揮されるのでより快適にご利用いただけます。

http://futon-tsuyuki.com/ec/products/list.php?category_id=17000

 

羽毛ふとんを使用する際は、直接肌に触れるので肌に優しく吸湿性に優れる綿のカバーを使用すると、汗や皮脂汚れなどを防ぎ、長く愛用いただけますよ。
https://futon-tsuyuki.com/ec/products/list.php?category_id=18010

毛布代わりにもなるあったか掛けカバーもオススメです♪
http://futon-tsuyuki.com/ec/products/list.php?category_id=18020

つゆきのサービス一覧

羽毛ふとんリフォーム
和ふとん打ち直し
ふとんのクリーニング
除菌&消臭サービス
オーダーメイド枕 何度でもメンテナンス
古布団の下取り・処分について
寝具のお手入れ方法
店頭受取サービス
体圧分散測定サービス

応募キャンペーンのご案内

LINE友だち拡大キャンペーン

応募キャンペーンのご案内

2019年初夢川柳キャンペーン

お楽しみイベントのご案内

手作りキッズ枕 体験教室

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・ご相談はこちらから

新しい洗濯表示

新しい洗濯表示

店舗へのご意見・ご要望

店舗へのご意見・ご要望

採用情報

私たちと一緒に働きませんか?